お仕事ラボ (高知) 高知 高知の正社員・派遣社員・パート
薬剤師の転職・派遣ならお仕事ラボ

5月19日更新 公開
求人
131

薬剤師に特化した
コンサルタント

あなたの職場探しを
全力でサポートします。

お仕事ラボ高知県トップ

高知県の薬局・医療施設・薬剤師事情 自然が豊かで四万十川が流れる高知県の薬剤師数は1,669人。人口が10万人に対する薬剤師数は226.2人と全国平均の226人よりも0.2人多く 、薬剤師が充実しているといえます。

高知県薬剤師会が研修会や交流イベントを通して、地域の活性化を目的に高知県で働く薬剤師が増やすため行政機関と連携を強化し活動してます。 坂本竜馬が育った高知県には薬局402件、病院131件、診療所566件があり、それぞれの職場で働く薬剤師数は薬局勤務が862人、病院勤務が445人、診療所勤務が63人。高知県で働く薬剤師1,669人のうち、51.6 %が薬局に、26.7 %が病院、3.8 %が診療所に勤務しています。
医療機関は充実しており、勉強できる環境が用意されています。

高知県の薬剤師の平均年収と平均年齢
県内で働く薬剤師の平均年収は536.1万円で全国第13位。全国平均の515万円よりも21.1万円高くなります。
四国地方で薬剤師の数が最も少ないですが、人口10万人対して見ると全国平均とほぼ同数になり、バランスがとれているという見方ができます。
また、高知県の薬局・医療施設(病院・診療所)で働く薬剤師の平均年齢を年代別に見ると、20代142人(10.4 %)、30代298人(21.8 %)、40代286人(20.9 %)、50代325人(23.7 %)、60代248人(18.1 %)、70代56人(4.1 %)、80代以上15人(1.1 %)となり、高知県の平均年齢48.5歳。全国の平均年齢45.3歳と比較すると高齢化が進んでいます。

高知県は温暖で過ごしやすい地域です。四万十川をはじめ、安田川、仁淀川、物部川といった清流が多く流れていて、自然も豊かな環境は、ご転居をお考えの方におすすめの場所。実際に他県からの流入が多く、入職して頂いた方はその後も長く勤務して頂ける方が多いです。 内閣府が発表した「平成29年版高齢社会白書」によると高知県の65歳以上人口の割合(高齢化率)が32.8%と全国2位となり、今後も高齢化率が進んでいくことが予測できます。超高齢社会の医療の充実を図るためにも多くの薬剤師を必要としてます。

参照:厚生労働省「平成26年度衛生行政報告例」「平成27年度衛生行政報告例」「平成26年医師・歯科医師・薬剤師調査」「平成28年度厚生統計要覧(保健衛生)」「平成28年度賃金構造基本統計調査」。 *年収は「賃金構造基本統計調査」より「きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額」で算出。

新着お仕事情報

4月23日更新

お仕事ラボでは、高知県の薬剤師の求人情報を検索することができます。

Copyright ©AXIS inc. All Rights Reserved